ここから本文です

中島美嘉、織田裕二4年ぶり主演作の主題歌!三宅喜重監督とは15年ぶりタッグ

映画.com 8月24日(水)7時0分配信

 [映画.com ニュース] 織田裕二の約4年ぶりとなる映画主演作「ボクの妻と結婚してください。」の主題歌が、中島美嘉の新曲「Forget Me Not」に決定した。中島は、今作のメガホンをとる三宅喜重監督が2001年に手がけたドラマ「傷だらけのラブソング」で歌手・女優デビューを飾っており、今回は監督&主題歌アーティストの関係で約15年ぶりにタッグを組む。同曲にのせた予告編も、あわせて公開されている。

【動画】「ボクの妻と結婚してください。」予告

 2014年に舞台化、15年にドラマ化された放送作家・樋口卓治氏による同名小説を映画化。余命宣告を受けたテレビの敏腕放送作家・三村修治(織田)が、人生最後の企画として愛する妻・彩子(吉田羊)の“最高の結婚相手”探しに全てを捧げる姿を描く。

 今年でデビュー15周年を迎え、夏フェス初出演や新プロジェクト「MIKA RANMARU」のツアー初開催などで話題を集める中島が、大事な人の幸せを一途に願う愛情を歌いあげた。オファー当初を「題名をきいたときは、悲しいイメージの曲だから私なんだ、と思いました(笑)」と振り返りながらも、「歌のイメージを聞いたとき、誤解していたと感じました。ただ悲しいだけではない、こんな『温かい悲しい』があることを教えてもらいました。こんな素晴らしい作品に参加出来たこと、きっとずっと誇りだと思います」と述べている。

 さらに三宅監督は、「傷だらけのラブソング」オーディション風景に言及。「合格して見事ドラマのヒロインを演じ切り、歌手デビューを果たしたのが中島美嘉さんでした」と振り返り、「あれから15年、今また彼女とこうして仕事ができ、映画『ボクの妻と結婚してください。』で彼女の歌声が聞けると思うと本当にうれしく思いますし、ワクワクします」と語った。

 また予告は、余命宣告を受けた修治が妻の結婚相手を探すかたわら、離婚届を提示するなど、家族の幸せを願い行動する切ない一部始終が収められている。「ボクの妻と結婚してください。」は、原田泰造、高島礼子らが共演。11月5日から全国で公開される。

最終更新:8月24日(水)7時0分

映画.com