ここから本文です

「みかわ豆腐」豆乳プリンに 地域おこし協力隊が考案 阿賀

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8月24日(水)13時18分配信

 阿賀町三川地域の名物「みかわ豆腐」の原料の豆乳を使った豆乳プリンが誕生した。津川地域でパン・焼き菓子店を営む地域おこし協力隊の夫婦が考案し製造。豆乳のうま味を生かし大人向けの一品に仕上げた。

 みかわ豆腐は、岩谷集落の有志が加工組合を結成し、約30年前に製造開始。山の清水を使っているのが特徴で、町で唯一となった豆腐作りを守っている。

 加工組合が豆腐関連の新たな商品を考えていたところ、特産品開発の地域おこし協力隊として夫婦が4月に移住してきた。果物専門店で加工品開発などをしていた柳沼陽介さん(33)と、パティシエの沙織さん(27)で、加工組合がお菓子作りを依頼した。

 豆乳の濃厚な味わいを生かすためプリンの甘さを控えめにし、底部のカラメルと混ぜると甘くなるよう工夫した。「牛乳を使わずカロリーを抑えた」と沙織さん。加工組合の斎藤弘永さん(76)は「阿賀町に2人が来てくれたおかげで、自慢できるお菓子ができた」と感謝している。

 道の駅みかわで土日のみの限定販売。1個200円(税込み)。問い合わせは道の駅みかわ、0254(99)3779。

最終更新:8月24日(水)13時18分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ