ここから本文です

【インドネシア】ホンダ、モーターショーで成約5800台超

NNA 8月24日(水)8時30分配信

 ホンダのインドネシア四輪製販子会社、ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)は23日、インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)が主催した自動車展示・販売会「第24回ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オート・ショー(GIIAS)」における成約台数が5,845台だったと発表した。主力の3モデルがけん引し、目標の5,500台を上回った。
 新型クロスオーバー多目的車(CUV)「BR―V」が最も多い1,351台。これに小型スポーツ多目的車(SUV)「HR―V(日本名ヴェゼル)」の1,225台、小型多目的車(MPV)「モビリオ」の1,205台が続いた。主力3車種の合計成約台数が全体の65%を占めた。
 HPMのジョンフィス取締役は「複数の新モデルを投入したほか、消費者が購入しやすいように販売プログラムを提供したことが奏功した」と説明した。GIIAS開催期間中には、分割返済期間を従来より長く設定したり、定期メンテナンスの無料提供、数十億ルピア規模の懸賞など、各種サービスを打ち出した。

最終更新:8月24日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。