ここから本文です

共生への挑戦、沈黙する政治 障害者施設殺傷事件1カ月

朝日新聞デジタル 8月24日(水)7時30分配信 (有料記事)

 相模原市の障害者施設で19人が死亡、27人がけがをした殺傷事件からまもなく1カ月を迎える。容疑者の元職員は「障害者は不幸を作ることしかできません」と差別意識を助長する手紙で、衆院議長や首相に向けて犯行を予告していた。事件が突きつけた共生社会の揺らぎに政治の指導者は沈黙している。
 「容疑者の『障害者がいなければいい』という優生思想に私たちの社会が向かわないか危惧します」
 今月2日、事件を受けて民進党が国会内に障害者団体を集めた会合。団体の代表者は国会議員を前に危機感を訴えた。
 だがその翌日、事件発生後初めてとなる、内閣改造を受けた安倍晋三首相の記者会見では、相模原の事件に触れることはなかった。……本文:2,787文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月24日(水)7時30分

朝日新聞デジタル