ここから本文です

10代女性、次々刺される 自転車で逃走、男確保 千葉と船橋

朝日新聞デジタル 8月24日(水)7時30分配信 (有料記事)

 23日午後5時ごろ、千葉市中央区弁天2丁目の路上で中学3年の少女(14)が自転車の男に刃物で脇腹を刺されて重傷を負った。1時間半後には約12キロ離れた千葉県船橋市前原西7丁目の路上で大学生の女性(19)が自転車の男に腰を刺された。県警は2件目の事件の直後、事件に関与したとみられる20代の男の身柄を確保した。傷害容疑で調べている。

 県警によると、千葉市で刺された少女は中学校の制服姿で同級生と2人で歩いていた。男は自転車に乗って後方から2人に近づき、追い抜きざまに少女の脇腹を刺して、そのまま自転車で逃走した。……本文:1,997文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月24日(水)7時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。