ここから本文です

日本ハム大谷3戦連続先制打で再びマイナス0・5差「投」は救援→先発登板を視野

デイリースポーツ 8月24日(水)6時3分配信

 「ロッテ1-4日本ハム」(23日、QVCマリンフィールド)

 鮮やかな一撃で勝利を呼んだ。初回1死二塁。ロッテ・スタンリッジの内角スライダーに両肘をたたみ、最後は右手一本で押し込んだ。打球は鋭く一、二塁間を破り、二塁走者の西川がホームを踏む。3試合連続の先制打。日本ハム・大谷翔平投手は一塁上でベンチに向かって軽く頭を下げ、ほおを緩ませた。

 つなぐ意識で単打を狙った結果だ。「基本的には長打(狙い)。しっかり振って打ちたい気持ちはある。(当てにいく打撃は)あんまりやりたいことではないけど、二塁に走者がいたので、しっかり打ててよかった」。今季ここまで6試合で決勝打を放っているが、その全てが本塁打。単打の決勝打はこれが初めてだ。状況に応じた打撃ができるから、好調な打撃を維持できる。

 これで9試合連続安打。野手としてチームの勝利に貢献し続けているが、投手としても実戦復帰への道筋が見えてきた。

 試合前にブルペン入りし、変化球を交えて50球を投じた。「ずっといい状態が続いている。あとは試合で投げられればいい」と手応えを口にする。まずリリーフ登板で試運転し、先発登板の時期を探る。首位ソフトバンクと再びマイナス0・5差。残り30試合、逆転Vをつかむため、持てる力を出し尽くす。

最終更新:8月24日(水)7時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。