ここから本文です

プライム・ストラテジー、「WordPress」保守・支援サービスの提供を開始

BCN 8月24日(水)17時53分配信

プライム・ストラテジー、「WordPress」保守・支援サービスの提供を開始

KUSANAGI公式サポートサービス

 プライム・ストラテジー(中村けん牛代表取締役)は8月24日、コンテンツ管理システム(CMS)の「WordPress」および、WordPress実行環境「KUSANAGI」に関する技術サポートサービスの提供を始めた。これからWordPressを導入するウェブサイトだけでなく、すでにユーザーや他の制作会社が構築し運用中のWordPressサイトに関しても、アプリケーションからサーバー環境までを含む総合的な技術支援サービスを提供する。

 同社は昨年、WordPressを高速に実行可能な仮想マシン「KUSANAGI」を公開し、現在はAzure、AWSを含む10社の主要パブリッククラウドサービス向けに提供している。WordPressの使用に必要なさまざまなソフトウェアを簡単に導入でき、大量のアクセスが集中するウェブサイトでも安定して運用可能なことから、WordPressを用いるSIerやウェブ制作会社での採用が広がっている。

 しかし、KUSANAGIは無償で公開されているオープンソースソフトウェアであるため、取り扱いスキルのある担当者に異動・退職などが発生した場合、その後の保守・運用が困難になるケースがある。また、利用者の増加につれて技術的な問い合わせが寄せられる機会も増えてきたことから、今回、KUSANAGIのディストリビュータとして公式の有償サポートサービスを提供することにした。

 サービス名は「KUSANAGI公式サポートサービス」。幅広いサービスメニューを用意しており、他社が構築・開発したサーバー環境やWordPressアプリケーションなど、まだKUSANAGIを導入していない既存のWordPressサイトもサポートの対象としている。中村けん牛・代表取締役は「当社の技術は当初、アクセスが集中するサイトやメディア系のサービスなどでも高いパフォーマンスを発揮できることから採用されていた。一方、最近では、特別な要件がないユーザーの間でも『WordPressを安心して使いたい』というニーズが非常に大きいと感じている」と、新サービス提供の背景を説明。「脆弱性に対応するためサーバーやWordPressのアップデートを行いたいが、バージョンアップにともなう不具合が発生しないか不安」といったユーザーにも、今回のサポートサービスによって安心してWordPressを使い続けられる環境を提供できるとしている。

 また、経営企画部マーケティング課の楠木大三郎・課長は「最近はWordPressのユーザーイベントなどの場で、パートナー各社がKUSANAGIを話題に出していただく機会が増えている。公式サポートサービスは、お客様に安心してKUSANAGIを提案するための土台になる」と説明。サポート体制の体系化によって、パートナー経由のKUSANAGIの提供が大きく伸びるとの見方を示した。同社では向こう3年間で1000サイトの契約を見込む。

最終更新:8月24日(水)17時53分

BCN