ここから本文です

最速20勝へ王手 イ・ボミが日本で永久シードを取る日は?

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月24日(水)20時16分配信

昨シーズン以来、国内女子ツアーで破竹の快進撃を続けるイ・ボミ(韓国)が、またもツアーのスピード記録更新をかけて、25日開幕の国内女子ツアー「ニトリレディス」(北海道・小樽CC)に出場する。前週までの出場2連勝で、通算成績は出場145試合で19勝となった。昨年11月にアン・ソンジュ(韓国)が作った147試合目での通算20勝到達の更新に王手をかけている。

【画像】これを持ってる人は、イ・ボミのファンクラブ会員

大会前日の24日は、プロアマ戦出場後に「疲れが残っています」と話したが、大会連覇と出場大会3連勝をかけた大会でもある。今年から4日間大会に変更となったものの、だれよりもコースとの相性は良く、好調でもあるということだ。今季すでに4勝で2位以下に4000万円以上もの差をつける賞金トップは、毎週のようにかかる新記録に「プレッシャーになる」と苦笑いで応じた。

イにとって、日本ツアーでの通算20勝は、出身の韓国女子ツアーで永久シードを獲得できる条件を満たす。ただ、日本ツアーで過去6人しかいない永久シードの条件は通算30勝。本人は「去年も(目標)5勝と言って7勝できた。結果を考えるとしんどくなるから」と、昨年同様のシーズン5勝の目標を変更していないが、現実的なターゲットとなる日もそう遠くはなさそうだ。

今季ここまで、出場32試合で7勝を挙げた昨季(勝率.218)を上回るペース、出場15試合4勝(勝率.266)で勝ち星を重ねている現状がある。

ちなみに、ツアー30勝の最速は、不動裕理で191試合目(ツアー制度施行後でLPGA調べ)。不動は170試合目で通算20勝を達成すると、その後は21試合で10勝という驚異的なペースで勝ち星を重ね、2004年7月に27歳の若さで到達した。

イがこのスピード記録を更新するためには、45試合で11勝(勝率.244)が必要。今季の優勝ペースは今のところ、その記録を上回っている。(北海道小樽市/林洋平)

最終更新:8月24日(水)20時35分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]