ここから本文です

最速20勝へ王手 イ・ボミが日本で永久シードを取る日は?

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8/24(水) 20:16配信

昨シーズン以来、国内女子ツアーで破竹の快進撃を続けるイ・ボミ(韓国)が、またもツアーのスピード記録更新をかけて、25日開幕の国内女子ツアー「ニトリレディス」(北海道・小樽CC)に出場する。前週までの出場2連勝で、通算成績は出場145試合で19勝となった。昨年11月にアン・ソンジュ(韓国)が作った147試合目での通算20勝到達の更新に王手をかけている。

【画像】これを持ってる人は、イ・ボミのファンクラブ会員

大会前日の24日は、プロアマ戦出場後に「疲れが残っています」と話したが、大会連覇と出場大会3連勝をかけた大会でもある。今年から4日間大会に変更となったものの、だれよりもコースとの相性は良く、好調でもあるということだ。今季すでに4勝で2位以下に4000万円以上もの差をつける賞金トップは、毎週のようにかかる新記録に「プレッシャーになる」と苦笑いで応じた。

イにとって、日本ツアーでの通算20勝は、出身の韓国女子ツアーで永久シードを獲得できる条件を満たす。ただ、日本ツアーで過去6人しかいない永久シードの条件は通算30勝。本人は「去年も(目標)5勝と言って7勝できた。結果を考えるとしんどくなるから」と、昨年同様のシーズン5勝の目標を変更していないが、現実的なターゲットとなる日もそう遠くはなさそうだ。

今季ここまで、出場32試合で7勝を挙げた昨季(勝率.218)を上回るペース、出場15試合4勝(勝率.266)で勝ち星を重ねている現状がある。

ちなみに、ツアー30勝の最速は、不動裕理で191試合目(ツアー制度施行後でLPGA調べ)。不動は170試合目で通算20勝を達成すると、その後は21試合で10勝という驚異的なペースで勝ち星を重ね、2004年7月に27歳の若さで到達した。

イがこのスピード記録を更新するためには、45試合で11勝(勝率.244)が必要。今季の優勝ペースは今のところ、その記録を上回っている。(北海道小樽市/林洋平)

最終更新:8/24(水) 20:35

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)