ここから本文です

ジャレッド・レト「ブレードランナー」続編に参戦!

映画.com 8月24日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] リドリー・スコット監督によるSF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)の続編に、米俳優ジャレッド・レトの参加が決定した。

 続編は、スコットと前作の共同脚本家ハンプトン・ファンチャーが作った原案をもとに、ファンチャーとマイケル・グリーンが脚本を執筆。前作から数10年後を舞台にしており、レプリカント専門調査官のリック・デッカード役でハリソン・フォードが復帰する。

 ほか、ライアン・ゴズリング、ロビン・ライト、マッケンジー・デイビス、アナ・デ・アルマス、デビッド・バウティスタらが出演するが、レト含め、いずれも役どころは明らかにされていない。

 今回、スコットは製作総指揮に回り、「プリズナーズ」「ボーダーライン」のドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとる。また、名手ロジャー・ディーキンスが撮影監督を務める。2017年10月6日に全米、11月に日本での公開を予定している。

 レトの最新作は、DCコミックの悪役たちが集結した「スーサイド・スクワッド」で、ジョーカー役を演じている。9月10日から日本公開。

最終更新:8月24日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。