ここから本文です

【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

レスポンス 8月24日(水)10時30分配信

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックが8月18日、米国カリフォルニア州で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で初公開した『エスカーラ コンセプト』。キャデラックは同車に、高級車の内装の新基準を提示している。

画像:キャデラック エスカーラ コンセプト

現行キャデラックとしては、最大サイズのエスカーラ コンセプト。その車内では、まったく異なるゾーンのインテリアを提案し、2つの個性を特徴づけた。フロントは現代のテクノロジーにフォーカスした仕上がり。一方リアは、乗員にリラクゼーションを重視した空間とした。

インテリアは手作業で組み立てられた。キャデラックによると、エスカーラ コンセプトは、明確なラグジュアリー性と隠れたテクノロジーを巧みに組み合わせ、いくつもの新しくユニークなタッチを生み出すことに成功しているという。

例えば、ドアトリムとシートには特別に仕立てられたファブリック素材を幅広く使用。この素材は、キャデラックのファッション業界に属するパートナー企業が使用するスーツ素材がヒント。新次元のクラフトマンシップや色合いなど、自動車インテリアにおける技法の独自性を表現した。

キャデラックのグローバルデザイン部門のアンドリュー・スミス エグゼクティブディレクターは、「インテリアは2つのテーマで構成。デザイナーが行ったことは、従来のルールを多少逸脱しているが、これはまさに、キャデラックが時に採用するアプローチ」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月24日(水)10時30分

レスポンス