ここから本文です

上智大とJICAが包括連携協力協定、国際協力を担う人材育成

リセマム 8月24日(水)18時30分配信

 上智大学は8月19日、国際協力機構(JICA)と包括連携協力協定を締結したことを発表した。締結によって、大学の国際化戦略とJICAの事業戦略の一層の連携が可能になるという。

上智大学

 包括連携協力協定は、国際協力事業の質的向上と援助人財の育成を目的に締結。上智大学は、すべての学部がワンキャンパスに集う学部横断型の学術プロジェクトで培った経験や強みを生かし、文理融合型チームによる取組みが必要とされる環境分野などで、積極的な参加や協力案件の推進に寄与できることを期待している。

 JICAは、上智大学の豊富な人材や知見、ネットワークを活用して開発途上国への国際協力を実施することで、国際協力事業の質的向上を図ることが期待される。また、国際協力人材を育成する観点から、その分野でのキャリア形成を志望する学生に、青年海外協力隊への参加を促進する取組みを展開していく。

 上智大学とJICAは、2011年に国際協力事業の質の向上などを目的とした「戦略的協力合意書」を締結し今年9月で5年になる。これまで大学では、JICA職員の研修受け入れや国際シンポジウムの共催のほか、JICAから大学への講師派遣などの相互協力をしてきた。今回の締結により、連携を一層強化していくことになる。

《リセマム 田中志実》

最終更新:8月24日(水)18時30分

リセマム