ここから本文です

長谷川穂積 柔道金の大野に感銘!国内最年長戴冠を見せて「感動してもらいたい」

デイリースポーツ 8月24日(水)6時3分配信

 「ボクシング・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」(9月16日、エディオンアリーナ大阪)

 元世界2階級制覇王者・長谷川穂積(35)=真正=が23日、神戸市内で練習を公開し、リオ五輪に続き、今度は自らが日本を感動させることを誓った。35歳9カ月での世界王座奪取となれば、35歳0カ月の越本隆志を超え国内男子最年長。「頑張る人を見たらエネルギーをもらえる。僕もあきらめずに王者になって感動してもらいたい」と、新記録達成へ力を込めた。

 感銘を受けたのが柔道男子73キロ級で金メダルを獲得した大野将平(24)。長谷川の妹が接骨院を営んでおり、その縁で昨年5月の試合に訪れ、激励もされた。11歳下ながら「五輪でも世界選手権と思えばどうってことない。考え方一つ」との精神力は“金言”として勝負師の心に響いた。

 契約により10年、4回TKOで敗れたモンティエル(メキシコ)戦以来のメキシコ製グローブを使用する。「薄い感じ」と、王者の強打は警戒するが、今の長谷川には自信しかない。「これが勝てるボクシングだとつかめてきた。これで王者になられへんかったらおかしいというくらい」。進退をかけた集大成に状態は最高潮だ。

最終更新:8月24日(水)7時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。