ここから本文です

今年上半期の米国と北朝鮮の貿易、事実上皆無=VOA

WoW!Korea 8月24日(水)10時10分配信

今年上半期の米国と北朝鮮の貿易規模が昨年同期間比99%減少したことがわかった。

 24日、米国の声(VOA)によると米国・商務部は今年1月から6月まで、米国と北朝鮮の貿易額が2万3000ドル(約230万円)と集計されたと明らかにした。昨年同期間の米朝貿易額は、299万1000ドル(約3億35万円)だった。

 商務部統計によると今年上半期の北朝鮮から米国の輸入は全くなく、全額米国が北朝鮮へ輸出した。

 VOAは「統計上では輸出となっているが、ほぼ人道的支援によるもの」とし「この期間中、米国から北朝鮮へ入った物品は実験室の研究装備と商業用の印刷物がすべて」と伝えた。

 通常、北朝鮮輸出実績の大半を占めていた「民間機関が救護や慈善で提供した支援品目」は全くなかった。

 米国政府は国連安保理決議や輸出管理規定に基づき、北朝鮮への輸出と再輸出を厳しく規制している。

 すべての品目は財務省の産業安保局が件ごとに審査し、ぜいたく品や武器、核やミサイル拡散関連物品、生化学兵器と国家安保上、統制される物品は北朝鮮への輸出が全面禁止されている。

最終更新:8月24日(水)10時10分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。