ここから本文です

(スーチーの軌跡)事件の真相:1 村で襲撃、13年前の悲劇

朝日新聞デジタル 8月24日(水)16時0分配信 (有料記事)

 ミャンマーを流れる大河イラワジ川の支流に挟まれた農村部の平野を、街灯のない1本の細い舗装道路が貫いている。
 今年5月30日朝、約500世帯が暮らすミャンマー中部ディペイン地区のチー村で、村民約300人が道路脇に集まって花束を供え、僧院で祈りを捧げた。
 「13年前に起きた悲劇を私たちは忘れません」。村人の一人で、運送会社で働くタンサウンが語った。
 ディペイン事件。そう呼ばれる襲撃事件が村と周辺で起きたのは、2003年5月30日夜だった。前年5月に2回目の自宅軟禁を解かれた国民民主連盟(NLD)のアウンサンスーチーが、暴徒の集団に襲われたのだ。……本文:1,359文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月24日(水)16時0分

朝日新聞デジタル