ここから本文です

Mr.Childrenが朝ドラ「べっぴんさん」主題歌に!桜井和寿「そっと寄り添えるような曲」

cinemacafe.net 8月24日(水)16時45分配信

10月より放送開始されるNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」の主題歌に「Mr.Children」の楽曲「ヒカリノアトリエ」が決定したことをNHKが公式サイトで明かした。

【画像】ヒロインの芳根京子

連続テレビ小説95作目にして大阪放送局制作で40作目となる本作は、子ども服専門店を創業した実在の人物・坂野惇子をモデルにしており、戦前から戦後の混乱期、そして高度経済成長期の神戸・大阪を舞台に、娘のため、女性のために、子ども服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけるヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう姿が描かれる。

キャストにはヒロイン・坂東すみれ役を務める芳根京子のほか、すみれの3歳上の姉・ゆり役に蓮佛美沙子、坂東家女中のマツの娘・小野明美役に谷村美月、すみれの父・坂東五十八役に生瀬勝久、母・坂東はな役には菅野美穂、祖母の坂東トク子役に中村玉緒、そしてすみれの幼なじみ・野上潔役に高良健吾らが出演する。

今回、主題歌を務める「Mr.Children」の桜井和寿は、「『べっぴんさん』との出会いが、僕らにまっすぐな希望の歌を与えてくれました。ひたむきな物語にそっと寄り添えるような曲でありたいと、強く願っています」とコメント。

戦後、焼け跡の神戸。財産を没収され、家も焼かれ、出征から戻らぬ夫を待ちながら途方に暮れるお嬢様育ちのヒロイン・すみれは、幼い娘のため生き抜く手段として「子ども服専門店」を起業。しかし戦地から復員した夫は、当初、妻たちが働くことに猛反対。儲けよりも「子どものため、ママのためによりよいモノを作りたい」という子ども本位の「モノづくり」も理解してはくれなかった…。だが、やがて彼女たちの意気込みに触れ、共に“男社会”の衣料品ビジネスの世界に風穴を開け、ついには宮内庁御用達と認められるまでに! 後年、すみれは、大人になった娘たちとともに、念願だった「子どものモノなら何でもそろう」日本初の総合子ども用品店をオープンさせることになるのだった。

平成28年度後期 連続テレビ小説「べっぴんさん」は、2016年10月3日(月)~2017年4月1日(土)全151回でNHKで放送。

最終更新:8月24日(水)16時45分

cinemacafe.net