ここから本文です

リヴァプール大勝、チェルシーは辛勝 ワトフォードらが3部に敗れる/英リーグ杯

ISM 8月24日(水)17時4分配信

 イングランド・リーグカップは現地時間23日(以下現地時間)に2回戦の試合が各地で行なわれ、リヴァプール、チェルシー、エヴァートンなどのプレミアリーグ勢が順当に勝ち上がった。

 リヴァプールは敵地でバートン(2部)に5対0で大勝。15分にオリギのゴールで先制すると、フィルミーノが追加点を奪って前半を2点リードで折り返す。後半も攻撃の手を緩めず、61分にオウンゴールで加点し、その後途中出場のスターリッジが2点を加えた。

 チェルシーはブリストル(3部)にホームで3対2と辛勝。バチュアイの2得点とモーゼスのゴールで前半に3対1とリードを奪うも、48分にPKで1点差に詰め寄られると、その後あわや同点のピンチもあったが、クロスバーに救われて逃げ切った。

 エヴァートンはコネの2得点などで、ホームでヨービル(4部)に4対0と快勝し、3回戦進出を決めた。

 そのほかプレミア勢では、ストーク、ハル、クリスタルパレスも順当に3回戦に駒を進めた。ストークではクラウチがハットトリックの活躍を見せた。

 一方、3部相手にジャイアントキリングを起こされたのが、ワトフォードとウェストブロム。ワトフォードはジリンガムに延長戦で1対2と敗れ、ウェストブロムはPK戦の末ノーザンプトンに屈した。

 そのほか、ダービー(2部)とカーライル(4部)の一戦は、双方譲らず1対1で終了。PK戦でもなかなか決着が着かず、14対13でダービーが勝利を収めている。(STATS-AP)

最終更新:8月24日(水)17時4分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。