ここから本文です

古代エジプトの女性はこんな顔? 2000年以上前のミイラ化した頭部から復元

ねとらぼ 8月24日(水)8時40分配信

 2000年以上前のミイラ化した頭部から、古代エジプト人がどんな顔をしていたのかを復元するというという試みをオーストラリアのメルボルン大学などの研究者が行いました。

【復元した女性の顔】

 対象となったのは、同大学でおよそ100年保存されてきた古代エジプト人の頭部。2000年以上前に生きていた18~25歳の女性で、研究者は「Meritamun」(女神アムンという意味)と名付けました。なぜ同大学で保存されていたのか、どこから来たのかは謎だそうです。

 CTスキャンによって骨の構造を明らかにし、そのデータをもとに3Dプリンタで頭蓋骨を作成。犯罪捜査でも使われる復顔法によって、専門家が頭蓋骨に肉付けしていきました。古代エジプト人の肌の色については黒かオリーブ色かで議論がありますが、Meritamunはその間を取った色に、髪型はカイロのエジプト考古学博物館が所蔵している女性のミイラLady Raiをモデルに、細い三つ編みをサイドに編んだ髪型にしました。

 素性が知れなかったMeritamunですが、顔を復元することで「私たちは彼女にいくらかのアイデンティティを与え、お返しに彼女も研究者たちに調査の機会や知識・技術の限界を広げる機会をくれた」と研究に参加したモナシュ大学のJanet Daveyさん。Meritamunは8月20日のオープンデーで展示されました。

最終更新:8月24日(水)18時16分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]