ここから本文です

マーク・ライランス、ディズニー最新作『BFG』を引っさげ初来日決定!

cinemacafe.net 8月24日(水)18時20分配信

スティーブン・スピルバーグ監督を務めるディズニー最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』の主演を務めるマーク・ライランスの初来日がこのほど決定した。

【画像】ディズニー最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』

ロンドンに住む好奇心旺盛な少女ソフィーが出会ったのは、子供たちに夜ごと「夢」を届ける巨人BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント。ひとりぼっちのソフィーと、巨人にしては優しすぎるBFGの間には次第に「奇妙な友情」が生まれていく。やがて、小さなソフィーの勇気は大きなBFGを動かし、イギリス最大の危機を救うことに…!

好奇心旺盛な少女ソフィーと“やさしい巨人”BFGとの友情を描く本作。スピルバーグの熱望により主演を果たすマークは、イギリスで舞台を中心に活躍し、演劇界では“レジェンド”としてその名を馳せ、スピルバーグ監督の前作『ブリッジ・オブ・スパイ』において本年度アカデミー賞助演男優賞。本作で初の来日を果たす。

マーク演じるBFGは、「巨人の国」に住む身長7mの“小柄な巨人”。その風貌からは想像もつかないほどのハイスピードとジャンプ力を誇り、シリアスな顔で子どものような“言い間違い”を連発したり、豪快にオナラを出して大喜びするなど、予測不可能な行動から可愛さと愛嬌を感じさせるキャラクター性が、マークの圧倒的な演技力によって表現されている。

BFGについてマークは、「彼のユーモアのセンスが好きだし、奇妙な話し方や、彼についてのすべてのことが気に入っているよ。彼がソフィーのいうことを聞いて、考えるところとかもね」とコメント。なお、マークは歌舞伎や狂言といった伝統芸能や、黒澤明監督の映画をリスペクトするなど、日本の文化を愛し影響を受けてきた親日家の一面も持ち、彼にとっても特別な来日になりそうだ。

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は、9月17日(土)全国にて公開。

最終更新:8月24日(水)18時20分

cinemacafe.net