ここから本文です

J・ロドリゲスに移籍の勧め 『マルカ』アンケートで約6割が売却に賛成

ISM 8月24日(水)17時15分配信

 スペイン『マルカ』紙のアンケートによると、レアル・マドリー(スペイン)サポーターの多くが、MFハメス・ロドリゲス(25)の売却に賛成しているようだ。

 レアルでは、攻撃的MFのマルコ・アセンシオが台頭。リーガ・エスパニョーラ開幕戦でゴールを決めるなどの同選手の活躍は、サポーターにとって喜ばしいこと。しかし、この結果J・ロドリゲスのチーム内での序列は、さらに下がっている。

 同チームでは、クリスティアーノ・ロナウド、ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマの「BBCトリオ」は、コンディションが整えば先発は確実。プレーメイカーはトニ・クロースとルカ・モドリッチも確固たる地位を築く。攻撃的なポジションは選択肢が豊富で、ルーカス・バスケスやマテオ・コヴァチッチ、イスコが、J・ロドリゲスよりも多くの出場機会を手にするとみられている。

 こうした状況のなか、『マルカ』紙は読者にJ・ロドリゲス売却の是非を問うアンケートを実施。回答した2万9000名以上のユーザーのうち、59%以上のファンが売却に賛成したという。

 同紙は、J・ロドリゲスについて厳しい立場にあることを指摘し、「移籍のタイミングがやってきたかもしれない」と締めくくっている。

最終更新:8月24日(水)17時15分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]