ここから本文です

中島美嘉が織田裕二主演「ボクの妻と結婚してください。」主題歌に壮大バラード提供

音楽ナタリー 8月24日(水)7時0分配信

中島美嘉の新曲「Forget Me Not」が、11月5日公開の映画「ボクの妻と結婚してください。」の主題歌に決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

織田裕二が主演の「ボクの妻と結婚してください。」は、2012年に出版された樋口卓治による小説「ボクの妻と結婚してください。」が原作の心温まるラブストーリー。織田扮するテレビ業界で働く放送作家が余命宣告を受け、愛する家族の未来のために吉田羊演じる妻の“最高の結婚相手”を探すために奔走する姿を描く。メガホンは、2011年に中島美嘉のデビュードラマ「傷だらけのラブソング」のプロデュースを務めた三宅喜重が取る。

「Forget Me Not」は映画のために書き下ろされた新曲で、百田留衣が作詞および作曲を、武部聡志がアレンジを担当した壮大なバラード。中島は今回のタイアップについて「この映画のお話をいただき、題名をきいたときは悲しいイメージの曲だから私なんだ、と思いました(笑)。でも、内容を聞き歌のイメージをきいたとき誤解していた、と感じました。ただ、悲しいだけではない、こんな『温かい悲しい』がある事を教えてもらいました」と述べている。

中島美嘉 コメント
この映画のお話をいただき、題名をきいたときは悲しいイメージの曲だから私なんだ、と思いました(笑)。でも、内容を聞き歌のイメージをきいたとき誤解していた、と感じました。ただ、悲しいだけではない、こんな「温かい悲しい」がある事を教えてもらいました。こんな素晴らしい作品に参加出来たこと、きっとずっと誇りだと思います。皆様に感謝します。この曲は、映画のストーリーをもとに作っていただいた曲なので映画と一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

三宅喜重 コメント
中島美嘉さん、優しくて切なくて、大切な人を思う気持ちが心に響く素晴らしい主題歌を有難うございます。今から15年前、私は「傷だらけのラブソング」という連続ドラマのヒロインオーディションをしました。そのオーディションに合格して見事ドラマのヒロインを演じ切り、歌手デビューを果たしたのが中島美嘉さんでした。あれから15年、今また彼女とこうして仕事ができ、映画『ボクの妻と結婚してください。』で彼女の歌声が聞けると思うと本当にうれしく思いますし、ワクワクします。ぜひ大切な人と見てほしい映画になりました。本当に素晴らしい主題歌をありがとう!

最終更新:8月24日(水)7時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。