ここから本文です

【ミャンマー】和平会議、外交団・国連総長ら1800人招待

NNA 8月24日(水)8時30分配信

 ミャンマー政府は、8月31日~9月4日に首都ネピドーで開く少数民族武装勢力との和平会議「21世紀パンロン会議」に、46カ国の外交官、国連機関、非政府組織(NGO)の代表ら1,800人をオブザーバーとして招く方針だ。準備委員会メンバーの話を地元紙ボイスが23日伝えた。
 ミャンマー政府や国軍、議会、少数民族武装勢力、政党からは約750人が参加する見通し。セブンデーはゾウ・テイ大統領報道官の話として、国連の潘基文事務総長も開幕式に参加し、演説すると伝えた。

最終更新:8月24日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。