ここから本文です

クリストファー・ノーラン×トム・ハーディ「ダンケルク」2017年に日本公開

映画ナタリー 8月24日(水)8時0分配信

クリストファー・ノーランがメガホンを取った「ダンケルク(原題)」が、2017年に日本で公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、第2次世界大戦中の1940年、フランス・ダンケルクでドイツ軍に包囲されていたイギリス軍とフランス軍の兵士30万人以上を救った作戦を描いたもの。ノーランが実話を映画化するのは今回が初となる。

キャストに名を連ねるのは、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ダークナイト ライジング」のトム・ハーディ、「ブリッジ・オブ・スパイ」のマーク・ライランス、「マイティ・ソー」の監督でもあるケネス・ブラナー、ノーラン作品には5度目の出演となるキリアン・マーフィー。またワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが、オーディションを勝ち抜き映画初出演を果たした。

本作の撮影は2016年5月23日より開始され、舞台となったダンケルクや、オランダ、イギリス、アメリカを回った。ライランスはEmpire誌にて「これまでになかった展開の素晴らしい映画になる。いきなり観客を戦争のど真ん中へ連れて行く」とコメントしている。

なお「ダンケルク」はフランスとベルギーで2017年7月19日に公開。アメリカとイギリスでは7月21日に封切られる。

最終更新:8月24日(水)8時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。