ここから本文です

リオ五輪総合8位の韓国選手団、解団式…“最善を尽くした価値ある結果”

WoW!Korea 8/24(水) 11:03配信

2016リオデジャネイロ五輪で17日間の熱戦を繰り広げた韓国選手団が帰国した。

 本部役員と支援団をはじめ陸上、カヌー、体操、レスリング、近代5種など総勢70人の選手団は24日午前、仁川国際空港を通じて帰国した。

 この日空港には取材陣と選手団の家族、仲間をはじめ多くの市民らが殺到。市民は選手団が姿を現すを惜しみない拍手と歓声で歓迎した。

 閉幕式の旗手であるレスリング銅メダリストのキム・ヒョヌが大極旗(韓国の国旗)を持って先頭で登場し、その後に役員をはじめとする選手団がやってきた。大韓体育会の会長が選手団1人1人に花輪をかけた。

 解団式では選手団をはじめ、アーチェリー代表チームとフェンシングのパク・サンヨン、射撃のキム・ジョンホなどすでに帰国していたメダリストも出席した。

 なお、前日に帰国したゴルフの金メダルのパク・インビと25日に帰国するテコンドー代表チームは参加できなかった。

最終更新:8/24(水) 11:03

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]