ここから本文です

行定勲監督のロマンポルノは板尾創路主演!脚本ボツ食らい「信用ないよね(笑)」

映画.com 8月24日(水)22時30分配信

 [映画.com ニュース] 成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」リブートプロジェクトの完成報告会見が8月24日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われ、メガホンをとった塩田明彦、白石和彌、園子温、中田秀夫、行定勲の監督陣が出席した。

【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら

 約28年ぶりに完全オリジナル新作を発表する同プロジェクト。この日は、行定監督が手がける作品タイトルが「ジムノペディに乱れる」であると発表され、板尾創路が主演することが明らかになった。鬱屈した気持ちを抱え女のぬくもりを求める映画監督が主人公。ヒロイン役を芦那すみれが務め、岡村いずみらが共演する。

 少年時代に神代辰巳監督作「悶絶!!どんでん返し」に感銘を受けたという行定監督は、今回の参加に大喜びだが「実は2本の脚本を書いたんです。1本目は自分が見たいものを書き非常に満足したんですが、日活からNGを食らった」と苦笑い。本プロジェクトでは女性客も見込んでいるため、「女性が見るにはどうか、というのが大きな理由でしょう。次に女性の脚本家を投入しました。独りよがりな男を女性の慈悲深い部分が救う物語が、女性の共感につながればいいと思った」と説明し、「本当は1本目を見て欲しいので、自分で作ります」と決意を誓った。

 一定のルールを守れば比較的自由に製作できた日活ロマンポル」。本プロジェクトは、「現在の日本映画界は、かつての自由さを持っているか」という問題意識から出発しており、監督陣には「現在の映画界で不自由を感じるか」と質問が寄せられた。間宮夕貴主演「風に濡れた女」の塩田監督は、「率直に言うと、監督にとって映画業界が自由な場であることはあり得ない。キャスティング、シナリオ、撮影時期など、どこまで自分の思い通りにできるか。常に不自由があり、それをどう向き合うかで監督の力量が問われる」とキッパリ。一方で「ロマンポルノは俳句のように条件を作り、最低限の商業的な裏付けをとり、その枠で自由に作家性や創造性を発揮するというプロジェクト」と語り、「そこが素晴らしいと思い参加した」と話した。

 さらに行定監督は、「『自由だよ』と言われたのに、すでにボツを食らっている。映画監督への信用がないですよね(笑)」と恨み節で場内を沸かせる。「こいつら(監督陣)は目を盗んで何か企んでいるという、常に公安の目を感じる」といい、「こっちも被害妄想が強くなり、自分を追い詰めていったりするし、もっとわかり合いたいですよね」とおどけてみせていた。

 またこの日は、中田&塩田&行定監督作が韓国・釜山映画祭に招待されることも発表された。「日活ロマンポルノ」リブートプロジェクトの各作品は、11月中旬から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

最終更新:8月24日(水)22時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。