ここから本文です

『WORLD END ECONOMiCA Episode.1』の3DS用テーマが配信開始

ファミ通.com 8/24(水) 15:17配信

●物語の舞台である月面都市の風景がテーマに!
 フリューは、ニンテンドー3DSのHOMEメニューをユーザーの好みにカスタマイズできる“テーマ”として、『WORLD END ECONOMiCA Episode.1』のデザインを本日2016年8月24日(水)より配信開始した。

 以下、リリースより。

----------

 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗)は、ニンテンドー3DSのHOMEメニューをユーザーの好みにカスタマイズできる「テーマ」として、新たに「WORLD END ECONOMiCA Episode.1」のデザインを「テーマショップ」にて本日8月24日(水)より配信開始いたしました。
 「WORLD END ECONOMiCA Episode.1」とは、インディーズアドベンチャーシリーズ「カタルヒト」として好評配信中の、月面都市を舞台に金融冒険青春活劇を描くニンテンドー3DS向けゲームです。BGMには“岸田教団&THE明星ロケッツ”の主題歌「ワールド・エンド・エコノミカ」を使用しており、本作の魅力をHOMEメニューでもお楽しみいただけます。

■配信概要
・「WORLD END ECONOMiCA Episode.1」
物語の舞台である月面都市の風景を描いたテーマで、HOMEメニューでも本作の世界観を演出します。

[価格] 200円(税込)
[仕様] 壁紙 上画面:ノーマル壁紙
下画面:ノーマル壁紙
効果音:あり
BGM:あり
「ワールド・エンド・エコノミカ」
岸田教団&THE明星ロケッツ

■「WORLD END ECONOMiCA Episode.1」とは
「狼と香辛料」「マグダラで眠れ」の支倉凍砂氏が製作した、金融青春アドベンチャー。舞台は近未来の月や月面の株式市場。月で生まれ月で育った少年・ハルが、“前人未到の地に立つ”という夢を、少女と追いかけます。本作は全3部作の1作目となります。

【ストーリー】
――月への移民が腰を落ち着け、十六年余りが経った頃。
人類のフロンティアを埋め尽くす摩天楼で、
多くの者たちが見果てぬ夢を追いかけている時代。

月で生まれ、月で育った少年ハルもまた、
見果てぬ夢を見ている一人だった。
彼の夢は、前人未到の地に立つこと。
そのためには、資金が必要だった。
圧倒的な資金が必要だった。

少年ハルが向かったのは、
百年の昔から人類の欲望を呑みこみ、
時には叶え、時には無慈悲に打ち砕いてきた場所だった。
そこを支配する重要なルールは、たったの二つ。

一つ、損をしないこと。
二つ、一つ目のルールを絶対に忘れないこと。

このルールを守れた者のみが、
莫大な富を手にすることができた。

株式市場。
百年前から、懲りない連中が集まる場所だった――

■商品概要
[商品名] [カタルヒト] WORLD END ECONOMiCA Episode.1 (Spicy Tails)
[対応機種] ニンテンドー3DS
[価格] 800 円(税込) ※ニンテンドーe ショップ ダウンロード専用
[ジャンル] アドベンチャー
[CERO] D (17 才以上対象)

最終更新:8/24(水) 15:17

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]