ここから本文です

草間彌生と山口小夜子、2人の異才を追った記録映画が写真美術館にて上映

映画ナタリー 8月24日(水)12時0分配信

松本貴子が監督を務めた記録映画「≒草間彌生 わたし大好き」「氷の花火 山口小夜子」が、9月4日から9月9日にかけて東京・東京都写真美術館にて上映される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「≒草間彌生 わたし大好き」は、世界的に知られる現代アーティスト草間彌生を1年半にわたり追い続けたドキュメンタリー。一方、「氷の花火 山口小夜子」は、2007年に逝去したモデル・山口小夜子の歩みを、さまざまな証言や残された映像によってたどっていく作品で、第40回モントリオール世界映画祭のワールドドキュメンタリー部門への出品が決まっている。

美術館の開館20周年を記念して行われる今回の上映について松本は「2作品を同時上映出来ることは、この上ない喜びです。異彩を放つ二人の表現者の生き方が、多くの方々の記憶に残ることを願って! 天才と美しい女は、見飽きない!」とコメント。また「氷の花火 山口小夜子」がモントリオール世界映画祭に出品することに関して「世界を舞台に活躍した山口小夜子さんだったので、映画も世界の方々に観て欲しかった。その一歩が実現して嬉しい」と喜びを明かす。

現在休館中の東京都写真美術館は、9月3日にリニューアルオープン。12月13日から2017年1月29日にかけてアピチャッポン・ウィーラセタクンの展覧会が行われる。

世界が魅せられた ふたりの異才 草間彌生×山口小夜子 ~松本貴子監督ドキュメンタリー特集~
2016年9月4日(日)~9日(金)東京都 東京都写真美術館※9月5日(月)休館<上映作品>「≒草間彌生 わたし大好き」「氷の花火 山口小夜子」料金:一般、大学専門学生 1500円 / シニア、高校生以下 1200円

松本貴子 コメント
特集上映について
60年代に日本を飛び出しNYで名を馳せた前衛芸術家の草間彌生さん。そして、70年代アジア人初のトップモデルとしてパリで大活躍した山口小夜子さん。世界を舞台に闘った二人の日本人女性との出会いは、強烈でした。奇しくも同じおかっぱ髪。私は、映像という分野で関わることが、運命だと感じました。加えて言えば、二人とも“本物”。ドキュメンタリー映画の制作過程には、辛いことも沢山ありましたが、それを上回る掛け替えのない幸せな時間を、味わい尽くすことが出来ました。今回、トップミュージアムで2作品を同時上映出来ることは、この上ない喜びです。異彩を放つ二人の表現者の生き方が、多くの方々の記憶に残ることを願って! 天才と美しい女は、見飽きない!

第40回モントリオール世界映画祭への出品について
世界を舞台に活躍した山口小夜子さんだったので、映画も世界の方々に観て欲しかった。その一歩が実現して嬉しい。

最終更新:8月24日(水)12時0分

映画ナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。