ここから本文です

韓中日文化相会合 27日から済州島で開催

聯合ニュース 8月24日(水)14時22分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部は24日、韓国南部の済州島で27~28日に第8回韓中日文化相会合を開催し、3カ国間の文化交流を強化する内容を盛り込んだ済州宣言文を採択する予定だと明らかにした。

 会合には韓国の金鍾徳(キム・ジョンドク)文化体育観光部長官、中国の丁偉・文化副大臣、日本の松野博一文部科学相が出席する。

 済州宣言文には3カ国の文化五輪の実現を通じた共生発展の追求、3カ国共同の文化価値の発掘などが明記される予定だ。

 韓国文化体育観光部は中国、日本との個別会談で、文化交流拡大に向けた方策も議論する。

 韓中会談では2018年の韓国・平昌冬季五輪と22年の中国・北京冬季五輪の開催をきっかけにした両国の文化五輪推進策などを議論する。

 韓日会談では平昌五輪と20年の東京夏季五輪の開催に伴う文化五輪の推進策のほか、両国の博物館文化財関連協力策などを話し合う。

 また、3カ国の都市が文化イベントを通じて相互理解を深める交流事業「東アジア文化都市」(17年)に、韓国の大邱市、中国の長沙市、日本の京都市の3都市を選定し、発表する予定だ。

最終更新:8月24日(水)14時57分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。