ここから本文です

将軍岡本が慶大へカシンを訪ねたが…

東スポWeb 8月24日(水)16時43分配信

「はぐれIGF軍団」からの“脱退問題”に悩まされている将軍岡本(32)が23日、騒動の黒幕とされる“悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)に接触すべく、講師として勤務する慶応大湘南藤沢キャンパスを訪問した。

「はぐれから自分が脱退することを報道で知り、どういうことなのか直接聞こうと…」。岡本は7月29日のゼロワン芝大会で元横綱曙に勧誘されSMOP入り。ダブル所属を続けるつもりだったが、はぐれ軍からは9月18日限りでSMOPへの完全移籍を一方的に通達されていた。

 事情説明を求めてキャンパスに足を運んだものの、大学はもちろん夏休みのためカシンは不在。小1時間歩き回ってようやく凡ミスに気が付いた岡本は「大学にも夏休みがあったとは…。大学に行っていないので、知らなかった」とガックリ。「感情のもつれがあるかもしれないが、解かないと…」とうなだれてキャンパスを後にした。

 なお、岡本は大仁田厚の新団体「ファイヤープロレス」旗揚げ戦(26日、ディファ有明)に参戦が決まっており、騒動以降初めてカシンと顔を合わせる。試合当日になって人事問題について何らかの進展があると思われるが、さあどうなる。

最終更新:8月24日(水)16時43分

東スポWeb