ここから本文です

金メダルの原動力だった?ネイマール 女優と復縁報道

東スポWeb 8月24日(水)16時43分配信

 リオデジャネイロ五輪サッカー男子でブラジルに史上初の金メダルをもたらしたFWネイマール(24=バルセロナ)が、ピッチ外で大きな注目を集めている。スペイン紙「スポルト」は、かつて交際していた女優ブルーナ・マルケジーニと復縁の可能性を報じた。

 決勝(20日)で死闘となったドイツ戦に勝利した後、マラカナン競技場で2人が熱い抱擁を交わしている姿や、ショッピングモールへ一緒に出掛ける場面が複数の動画やSNSで拡散されているとし、スポルト紙を始め、ブラジル各メディアが「復縁か」とこぞって伝えている。

 ネイマールはサントス(ブラジル)時代にマルケジーニと交際をスタート。ブラジルで最も有名なカップルだったが、2014年のブラジルW杯後に破局した。復縁が事実ならば、下積み時代を支えた“アモーレ”が金メダルをアシストしたと言えそうだ。

 さらにネイマールに朗報が届いた。バルセロナのルイスエンリケ監督(46)から特別休暇を与えられた。スペイン紙「ムンド・デポルティボ」によると、当初24日にスペインへ戻る予定だったが、今月末にはW杯南米予選に向けた代表活動も始まるため、長距離移動や五輪での疲労を考慮してそのままブラジルに滞在する許可を出した。

 その南米予選には、リオ五輪代表から7人が選出。現在6位とW杯出場が危ぶまれているが、公私ともに絶好調のネイマールら金メダル選手が巻き返してくれるはずだ。

最終更新:8月24日(水)16時43分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]