ここから本文です

「ポケモンGO」アップデートでポケモン評価機能追加 診断コメントはあいまいながら「どれを送るか」の判断には有用

ねとらぼ 8月24日(水)12時45分配信

 8月24日、「ポケモンGO」の最新バージョンがリリースされました。iOS版(1.5.0)・Android版(version 0.35.0)ともに配信済みです。更新の目玉は、「ポケモンの強さを評価してくれる機能」の実装。手持ちのポケモンを表示すると、画面右下のボタンを押したときの選択肢に「ポケモンを調べてもらう」が追加されており、ここから利用できます。

【ポケモンを評価してもらった結果】

 診断してくれるのは、キャンデラ、ブランシェ、スパークのいずれか、所属しているチームのリーダー。そのため、利用するにはトレーナーレベルを5以上に上げ、チームに所属する必要があります。

 リーダーたちは「全体的な強さ」「特に高いパラメータ」「大きさ」の3点で、ポケモンを評価。「とっても強い」「トップクラス」など、コメントの表現がふんわりしているのが困りものです。しかし評価が低い場合は「イマイチ」ときっちりダメ出しをしてくれるので、「どれを博士に送るか」といった判断には役立つでしょう。

 ほかにも、トレーニングバトルで負けたポケモンのHPが1になるバグが修正。トレーニングバトルのバランスを今後調整するとの予告もされています。

最終更新:8月24日(水)12時45分

ねとらぼ