ここから本文です

テレ東もドラマ撮り直しを発表 高畑容疑者出演の「侠飯」

デイリースポーツ 8月24日(水)15時28分配信

 テレビ東京は24日、報道各社にFAXを送信し、強姦致傷容疑で逮捕された俳優・高畑裕太容疑者が出演していたドラマ「侠飯~おとこめし~」(金曜深夜0時12分)について、今後の出演シーンを見送り、一部撮り直しを行うと発表した。同ドラマは第5話まで放送ずみで、すでに全話分の撮影を終了していた。

【写真】母・高畑淳子、息子に「未熟ではありますが、彼の持っている資質を信じて…」

 同局によると、26日に第6話を放送予定だが、収録ずみの高畑容疑者の出演シーンについては、代役を立てず、すべてカットし放送する。出演カットの影響でつながらない場合は、撮り直しを行う。最終回は9月中旬から9月末の予定。

 高畑容疑者は主人公・柳刃(生瀬勝久)が居候する大学生(柄本時生)の同級生役だった。

 同局は報道各社にあてたFAXで「今回の事件は極めて遺憾です。現在ドラマ『侠飯』に出演中ですが、今後の出演は見送ります。番組を楽しみにしてくださっている視聴者の方のためにも、一部撮り直しなどを行い、放送する予定です」とコメントした。

 高畑容疑者の逮捕を受け、27日午後9時頃から日本テレビ系「24時間テレビ」内で放送予定のスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生」(NEWS・加藤シゲアキ主演)も、代役を立てて撮り直しが決まっている。放送まで4日しかない時点での撮り直しは前代未聞ともいうべき異例の対応。

 また、10月に母・高畑淳子と“親子共演”が決まっており、すでに1度収録を終えていたNHKの大河ドラマ「真田丸」も高畑容疑者の収録ずみの部分をお蔵入りにし、あらたに代役をたてて撮り直しすることが発表されている。

最終更新:8月24日(水)16時29分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。