ここから本文です

「安全・安心な運営には代えられない」 神奈川新聞花火大会が休止へ、空き地減少で観覧場所の確保が困難に

ねとらぼ 8月24日(水)12時51分配信

 神奈川新聞が毎年夏に開催してきた「神奈川新聞花火大会」を当分の間休止すると発表しました。

【神奈川新聞花火大会】

 「神奈川新聞花火大会」は横浜市中区の山下公園前面海上を舞台として1986年に始まり、その後1995年からはみなとみらい地区で開催。2016年で31回目を迎えており、全国屈指の花火大会として知られていました。

 休止の理由については「安全上の問題から今後の実施が難しくなった」と説明。みなとみらい地区の開発が進み、住民が増えて空き地が大幅に減ったことで花火観覧場所の確保が難しくなり、結果として路上に観覧者があふれることで、非常時に消防・警察が迅速に対応できない状態となっていたようです。

 第31回大会では2015年から神奈川県警や施設管理者と協議や、流入抑制といったの安全対策などを実施。しかし一部の観覧者による道路の座り込みや立ち入り禁止区域への侵入など、安全管理上の課題が残っていました。

 神奈川新聞は「長年にわたって県民読者のみなさまのご支援で開催されてきましたが『安全・安心』な運営には代えられない」として、今回の休止が苦渋の決断であったことを明かしています。

最終更新:8月25日(木)11時46分

ねとらぼ