ここから本文です

5勝目の中日・吉見が負けられない理由

東スポWeb 8月24日(水)16時44分配信

 中日は23日のヤクルト戦(静岡)を3―2で逃げ切り、8月に入って初めて連勝した。吉見一起投手(31)が7回を2安打無失点の気迫の投球を見せ、7月3日以来、6登板ぶりの白星となる5勝目(5敗)を挙げた。

 8月に入って絶対に負けられない理由があった。9日に慕っていた谷繁監督が事実上解任されて以降は白星なし。チーム関係者は「吉見は谷繁監督とずっとバッテリーを組んできて(2008年から)5年連続2桁勝利を挙げるなどエースとして君臨してきた。なのにその谷繁監督がいなくなった8月はずっと勝てていなかった。これ以上、ふがいない投球を元エースとしては見せるわけにはいかなかったはず」と吉見の心中を察する。

 またプライベートでは昨年8月26日に父・秀和さん(享年56)が亡くなり、21日に地元大阪で営まれた一周忌法要に出席できなかった。前回16日に4年ぶりに完投したが、ウイニングボールを仏前にささげることもできず、今回の登板に臨んでいた。

「今日はチームにも自分にも勝ちをつけたかった。本当に勝ちたいと思って投げた。8月になると気分が重くなるけど、野球をすることが一番の供養になると思うので」としみじみと語った。

 エース復権を狙う吉見にとって大きな1勝となった。

最終更新:8月29日(月)11時18分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)