ここから本文です

ギャラクシーノート7、充電中に爆発? サムスン電子「製品受け取り分析中」=韓国

WoW!Korea 8/24(水) 15:55配信

去る19日、韓国国内で発売されたサムスン電子の大画面スマートフォン「ギャラクシーノート7」が充電中に爆発する事故が発生したという主張が提起された。

 24日、ギャラクシーノート7を最近購入したというある利用者は携帯電話専門オンラインコミュニティーに「ギャラクシーノート7が充電中に爆発し、明け方に焦げる匂いとポンという音で起きた」という文章を掲載した。

 この利用者は爆発したギャラクシーノート7の写真3枚も一緒に公開した。この製品は爆発で前面ディスプレイが黒く焼けて破損したようすだ。バッテリーがある背面は、黒く焼けたと同時に製品の一部が溶けて破損した状態だった。

 この利用者は「19日に購入し、使用してから1週間も経っていない製品」とし「幸い負傷はしておらず、布団だけ軽く燃えた」と伝えた。

 該当の掲示物を見たネットユーザーらは、バッテリー充電器の問題を指摘している。しかし掲示物の作成者は「サムスン電子から受け取った純正の充電器を使用した」と主張した。

 これに対しサムスン電子は「該当製品を入手し、正確な調査を通じて原因を分析する」と伝えた。

最終更新:8/24(水) 15:55

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。