ここから本文です

マイクロソフト、GeneeのAIスケジュール管理機能をOffice 365に統合へ

@IT 8月24日(水)13時9分配信

 米マイクロソフトは2016年8月22日(米国時間)、AI(Artificial Intelligence:人工知能)ベースのスケジューリングサービスを手掛けるGeneeを買収することで合意したと発表した。

 Geneeは、AIによる自然言語処理でユーザーの要望を理解するボット(仮想アシスタント)を開発し、会議の設定やカレンダー管理を支援するサービスを展開するスタートアップ。自然言語処理と最適化アルゴリズムを利用して、例えば人間の秘書と会話するかように仮想アシスタントとやりとりし、ユーザーのスケジュール管理を支援する。マイクロソフトのOutlookおよびOffice 365担当コーポレートバイスプレジデントを務めるラジェッシュ・ジャー氏は、次の例を挙げてGeneeの仕組みを説明した。

 「あなたが見込み客のダイアナさんと会いたいとする。ダイアナさんへアポイントのメールを送る際に、他のメンバーと共有するときのように、CC欄にGeneeを含める。するとGeneeは、あなたが『来週の空いている時間に、ダイアナさんと会おうとしている』ことを理解する」

 「そして、あなたの予定、さらにこれまでの傾向から好みの時間帯も考慮した上で候補スケジュールの選択肢を出し、ダイアナさんへ直接メール。日時を決めて、スケジュールに入れる。さらにあなたの代わりに、アポイントに応じてもらったお礼のメールまで送ってくれる。こうしてアポイントを取り付けるプロセスを効率化して、あなたが本来のタスクに集中できる時間を増やしてくれるというわけだ」

 ジャー氏は、Geneeへの期待を次のように表明している。「Geneeチームをマイクロソフトに迎えることを楽しみにしている。ユーザーにとって価値のある、Office 365での生産性およびサービス体制をより強固にできる」

 一方、Geneeの共同創業者のベン・チャン氏とチャールズ・リー氏による同社の公式ブログへの投稿で、同社でのGeneeサービスは2016年9月1日をもって終了すると告知した。Geneeがユーザーのカレンダーからリマインダーや予定を送ることはなくなるが、Geneeが作成した既存のカレンダーエントリは全て残される。「Geneeチームはこれまでの貴重な経験と教訓を携えて、マイクロソフトで活動を継続する」と両氏は述べている。

最終更新:8月24日(水)13時9分

@IT