ここから本文です

ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

レスポンス 8月24日(水)21時15分配信

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は、9代目のビッグツインエンジンとなる「ミルウォーキーエイト」およびツーリングファミリー向け新サスペンションを発表。同時に、2017年モデル全32モデルを8月24日より販売開始する。

[関連写真]

ミルウォーキーエイトは、クラシックな45度のVツインを踏襲しながら、4バルブシリンダーの採用により吸気/排気流量を増加させ、ピークトルクを約10%向上させた。また。カウンターバランサーによりアイドリング時の一次振動を75%相殺。Vツインならではのフィーリングはそのままに、高速走行で滑らかな走りを実現する。

ミルウォーキーエイト107(1745cc)とツインクールド(空水冷)ミルウォーキーエイト107(1745cc)はツーリングファミリー標準モデルに搭載、ツインクールド ミルウォーキーエイト114(1868cc)はカスタムビークルオペレーション(CVO)モデルに搭載される。

2017年ツーリングファミリーに搭載する新リアショックアブソーバーは、エマルジョン技術を採用。一代前の標準モデルに比べて、プリロード調整幅が15~30%増加。油圧式のプリロード調整はダイアルひとつで行うことができる。また、フロントサスペンションには、ショーワ SDBVサスペンション技術を導入。軽量化したレーシングスタイルのカートリッジフォークで優れた減衰力を発揮する。

そのほか2017年モデルでは、トライクファミリーに新型ミルウォーキーエイト107ciエンジンを搭載する「フリーウィーラー」を追加。低速トルクでの鋭い加速が特徴で、直径49mmのフロントフォークや調節可能なリアサスペンションによりスムーズなライディングを実現する。

ダイナファミリーは、ツインカム96(1584cc)エンジンに代わり、ツインカム103(1689cc)エンジンを全モデルに搭載。ソフテイルファミリー全モデルも昨年に引き続き、ツインカム103エンジンを標準搭載。スクリーミンイーグル ツインカム110エンジンを備えるSシリーズとともに、クルーザーラインナップを構成する。

またストリート750は、ABSを標準装備。新しいタンクバッジと、ビビッドブラックデラックスやファイヤーレッドデラックスを含む新しいツートン塗装オプションも用意する。

価格はツーリングファミリーが300万7600円より、ソフテイルが220万8000円より、ダイナが188万8000円より、スポーツスターが119万8000円より、Vロッドが210万3000円より、CVOが339万8000円より、トライクが357万2000円より、ストリートが97万5000円より。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月24日(水)21時15分

レスポンス