ここから本文です

Mr.Children、NHK朝ドラ「べっぴんさん」に主題歌提供

音楽ナタリー 8月24日(水)14時30分配信

10月3日(月)より放送がスタートするNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の主題歌が、Mr.Childrenの新曲「ヒカリノアトリエ」に決定した。

芳根京子がヒロインを演じる「べっぴんさん」は、戦後の神戸で子供服の会社を作り、強く生きていく女性とその仲間たちを描いた作品。生瀬勝久、菅野美穂、高良健吾、蓮佛美沙子、永山絢斗、谷村美月、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、土村芳、名倉潤、市村正親、中村玉緒といった豪華俳優陣が脇を固め、劇中音楽は世武裕子が手がける。タイトルの「べっぴん」は、「美しい女性」のほか「作り手が思いをこめた特別なもの」という意味も持っている。

NHKの堀之内礼二郎プロデューサーは、ドラマのタイトルにちなみ「このドラマを最高の『べっぴん』にする」使命を果たすためのアーティストとしてMr.Childrenに主題歌を依頼したと説明。オファーを受けた桜井和寿(Vo, G)は「『べっぴんさん』との出会いが、僕らにまっすぐな希望の歌を与えてくれました。ひたむきな物語にそっと寄り添えるような曲でありたいと、強く願っています」とコメントしている。

最終更新:8月24日(水)14時30分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。