ここから本文です

ミサイルを高角度で発射 飛距離縮め日本に配慮か=北朝鮮

聯合ニュース 8月24日(水)16時7分配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が24日早朝に海中から発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)は、通常よりも高い角度で発射することで飛行距離を縮めたもようだ。この日発射されたSLBMは500キロ飛行したとされる。

 韓国軍当局は通常の角度で発射された場合、射程が1000キロ以上になるとみている。北朝鮮が高角度で発射したのは、飛距離を縮め日本を最大限刺激しないようにする意図があったとみられる。

 北朝鮮が発射したSLBMは、日本の防空識別圏を80キロほど入った海上に落下したとされる。

 また、今回発射されたSLBMには固体燃料が使われ1段目と2段目の分離にも成功したと推定される。

 軍当局はさらに、SLBMが高度400キロ以上に達し、50キロの上空からマッハ10の速度で下降したと分析した。

 韓国に配備されることが決まった米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」は、高度40~150キロの地点において最速、マッハ14で飛行する弾道ミサイルを迎撃できることから、軍当局はTHAADの迎撃範囲内にあると判断している。

最終更新:8月24日(水)16時10分

聯合ニュース