ここから本文です

治療のために帰国した中国に住む元慰安婦、病状好転

WoW!Korea 8月24日(水)16時36分配信

韓国女性家族部は落下や転倒による事故後、重体に陥り韓国で治療を受けてきた中国在住の元慰安婦A氏(88)の病状が最近好転し、療養治療に入ると24日、明らかにした。

 中国で暮らしていたA氏はことし2月15日、落下や転倒による事故に遭った。当時A氏はろっ骨骨折で肺を破る重傷を負い重体に陥った。これに政府はことし4月10日、A氏を国内の中央大病院へ搬送し、最近まで治療支援をしてきた。

 女性家族部の関係者は「入院当時、重体だったA氏が現在意識を取り戻し、簡単な意思表示ができるほどの健康を回復した」とし「韓国に残って治療を受けることを望んでいるA氏の意思に従い、療養病院で治療を続けることにした」と述べた。

 A氏は25日、ソウル市江東区(カンドング)に位置する中央報勲病院へ移り、今後リハビリ訓練や腎臓透析治療など療養治療を受ける計画だ。

最終更新:8月24日(水)16時36分

WoW!Korea