ここから本文です

競歩・荒井、ダンフィーとのドーピング検査中の秘話語る

デイリースポーツ 8月24日(水)18時28分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場した日本代表チームの選手団が24日午前、羽田空港着のチャーター機2便に分かれて帰国。同日午後に都内でメダリスト55人らが帰国会見に臨んだ。競歩界で初表彰台となる銅メダルを陸上男子50キロ競歩で獲得した荒井広宙(自衛隊体育学校)が、競技中に接触したエバン・ダンフィー(カナダ)とのドーピング検査中の逸話も明かした。

 荒井は3位でゴールしながらダンフィー陣営の抗議により失格となった。しかし、その後の日本の抗議による再審査で再び銅メダルと判定された。当時の様子について荒井は「3位でゴール後はカナダのダンフィー選手と接触したことで1度失格となり(再審査で)3位に復活しました。ゴールした後はどうしてかなと思って。失格となっている時にドーピング検査がありまして。その時にたまたまダンフィー選手と一緒になりました」と明かした。

 その時ダンフィーからは「ごめんね」という言葉が発せられ、競技中の出来事について怒っている様子は全くなかったという。カナダ陣営による抗議はダンフィーとは関係ないレベルで行われており、「僕のコントロールできる状況じゃない」という会話もあった。こうした気遣いに荒井は「うれしくてハグしてしまった」とドーピング検査中のやり取りを振り返った。

 荒井はまた、閉会式でダンフィーとネクタイピンの交換をし、ツーショット写真を撮ったことを述懐。その写真はダンフィーも自身のツイッターでも紹介している。荒井は「すばらしい選手と勝負できていいオリンピックでした。東京ではぶつからないように正々堂々と勝負したいです」と、再会を誓った。

最終更新:8月24日(水)23時44分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]