ここから本文です

磯山さやか“志村魂”に感嘆 肺炎・志村けんの早期回復祈る

東スポWeb 8月24日(水)19時37分配信

 グラビアアイドルの磯山さやか(32)が24日、肺炎で入院したタレント・志村けん(66)の早期回復を祈った。

 志村は19日、新歌舞伎座で公演中の舞台終了後、肺炎のため大阪市内の病院に緊急入院。20、21日に予定されていた3公演は中止となった。

 同公演に出演していた磯山は同日、「志村魂。」と題して自身のブログを更新。まず「突然の形となりましたが、志村魂11の公演が終わりました!!」と書き出し「最後の地、大阪公演の残り3公演が中止になってしまいまして 私達もどうしていいかわからなかったですし、楽しみにしていたお客様には残念な形になってしまいましたが何よりも志村座長の体が第一と思います」とつづった。

「そして、一番残念で悔しく、色々な想いをもっているのは志村座長です」と続けると、「途中から体調を崩していてしんどそうでしたし、大阪公演の時には、なんとか気力で舞台に最後まで立ち続けていました。裏で見ていて、大阪の初日を最後まで出来たのは本当に驚くほどです」と志村の心中を思いやるとともに、当時の様子を明かした。

 さらに、体調不良を押して舞台に上がった志村の“志村魂”を目の当たりにした磯山は「今は静養されているということですが元気な姿を早く見られることを祈るばかりです」と早期回復を願い「すべてのお客様に感謝です。今年も楽しく頑張れた舞台でした。ありがとうございました!」と感謝の言葉で締めくくった。

最終更新:8月24日(水)19時37分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。