ここから本文です

愛ちゃん、目頭押さえ応援に感謝 「頑張り抜くことができました」

デイリースポーツ 8月24日(水)18時48分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場した日本代表チームの選手団が24日午前、羽田空港着のチャーター機2便に分かれて帰国。同日午後に都内でメダリスト55人らが帰国会見に臨んだ。卓球女子団体でロンドンの銀に続き2大会連続のメダルとなる銅メダルを獲得した福原愛(27)=ANA=は、一瞬、目頭のあたりを押さえたそぶりをした後で、笑顔で応援に感謝した。

 エースの石川佳純に続いてマイクを手にした福原は、一瞬、チームメートを振り返り目頭を押さえた後で「時差があるにもかかわらず応援していただき、本当に感謝しています」と語った。

 シングルス、団体と激闘続きで、やっとの思いで団体での銅メダルを手にした。「苦しい試合がたくさんあったんですけど、皆さんの温かい声援のおかげで最後まで頑張り抜くことができました。本当にありがとうございました」とあらためて応援に感謝していた。

最終更新:8月24日(水)18時53分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]