ここから本文です

阪神・ルーキー坂本誠志郎がプロ初弾 15年ぶり新人2人が本塁打

デイリースポーツ 8月24日(水)19時42分配信

 「DeNA-阪神」(24日、横浜スタジアム)

 阪神が四回、先頭打者の8番・坂本にプロ初本塁打が飛び出した。1ストライクからの2球目、久保康が投じた115キロスライダーを左翼席に運んだ。

 さらに1死から上本、北條の連打と高山の死球で満塁。4番・福留は一ゴロに打ち取られたが、敵失に乗じて2者が生還し、リードを広げた。

 ドラフト2位の坂本は出場13試合目、23打席目でのプロ初アーチ。今季球団新人の本塁打はドラフト1位・高山に次いで2人目。ルーキーが2人以上本塁打を記録したのは、阪神では01年の3人(沖原4本、赤星と藤本各1本)以来15年ぶり。

 坂本は「早い回に追加点を取るために、まずは先頭打者として塁に出ることを考えていました。甘いボールをしっかり打ち返せましたし、いい結果が出てよかったです」と安どの表情。「打った瞬間は『あっ!いったかな』と思ったのですが、確信はなかったです。このあと、守備も次の打席もあるのでしっかりと頑張ります!」と気持ちを引き締めていた。

最終更新:8月24日(水)20時19分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]