ここから本文です

ロシア不参加でリオ・パラに日本選手4人追加出場

デイリースポーツ 8月24日(水)19時56分配信

 ドーピング行為による処分でロシア選手団のリオデジャネイロ・パラリンピック(9月7日開幕)不参加が決定したことに伴い、国際パラリンピック委員会(IPC)は24日、各国に出場枠の再配分を通知し、日本パラリンピック委員会(JPC)は同日、3競技・4選手の参加を決定した。

 リオパラリンピック日本選手団に新たに加わるのは、柔道女子48キロ級の半谷静香と同52キロ級の石井亜弧、パワーリフティング男子49キロ級の三浦浩、トライアスロン男子の佐藤圭一。日本選手団はこれで17競技131選手となった。

 ロシア国家機関主導によるドーピング行為については、IPCの処分内容に対して、ロシアパラリンピック委員会(RPC)がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴したが、23日に申し立てを却下。これに伴い、ロシア選手の出場枠がIPCに返還され、IPCは各国パラリンピック委員会に対して再配分し、日本には3競技・4選手の参加について打診があった。

最終更新:8月24日(水)21時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]