ここから本文です

さくら学院、初舞台のゲネプロ終了「感動をお届けできたら」

音楽ナタリー 8月24日(水)17時54分配信

本日8月24日から9月4日にわたり、東京・赤坂RED/THEATERにて、さくら学院による舞台「秋桜学園合唱部」が上演される。この記事では本日行われたゲネプロの模様をレポートする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「秋桜学園合唱部」はさくら学院初の本格舞台で、脚本・演出を亀田真二郎が手がけた。物語は黒澤美澪奈演じる百合沢七海が「コスモス」の愛称で知られる小中一貫の全寮制お嬢様学校「私立秋桜学園」に編入するところから始まる。新しい学校と初めての寮生活に胸を膨らませ学生寮の門を叩いた七海だったが、そこには倉島颯良演じる生徒会長の神崎葵が生徒たちの行動を監視する軍隊のような生活が待ち受けていた。そんな七海の耳に私立秋桜学園が廃校の危機に晒されているという噂が飛び込み、七海と生徒たちは廃校を防ぐために合唱部を設立。合唱コンクールでの優勝を目標に、力を合わせて奮闘するというストーリーが展開される。

この舞台は日替わりでさくら学院2013年度卒業生の堀内まり菜と佐藤日向が出演し、2016年度のさくら学院メンバーと共演することでも話題を集めている。なおゲネプロには佐藤が登場した。また劇中ではさくら学院の楽曲も使用されており、彼女たちが元気いっぱいに歌って踊る姿を観ることもできる。吉田爽葉香が特技のピアノ演奏を披露するのも見どころの1つとなっているので、父兄(さくら学院ファン)はそちらにも注目しよう。

長瀬陽菜を演じた山出愛子はカーテンコールで「初めてのことだらけでいろんな失敗もあったけど、いろんなことを学んで初日を迎えることができました。千秋楽まで無事に終わって、お客さんに感動をお届けできたらいいなと思っています」とコメント。佐藤は「千秋楽を迎えるまでに、12人がまた1つ大きくなって、さくら学院がもっと前に進めたらいいなって、櫻井先輩は思います!」と役になりきり、後輩たちを激励した。

さくら学院 舞台「秋桜学園合唱部」
2016年8月24日(水)~9月4日(日)東京都 赤坂RED/THEATER<役名 / 出演者>神崎葵:倉島颯良百合沢七海:黒澤美澪奈長瀬陽菜:山出愛子上杉桃香:岡田愛一条美咲:岡崎百々子朝比奈萌:麻生真彩楠瀬アルカンターラあやめ:日高麻鈴佐伯柚香:新谷ゆづみ二階堂さつき:藤平華乃本城花蓮:吉田爽葉香枝見恵梨香:有友緒心大場すみれ:森萌々穂櫻井明日香:佐藤日向、堀内まり菜※8月28日のみ、ライブ出演のため休演。※8月31日、9月1、2日の公演は岡田愛が進学模試で欠席するため、代わりに黒嵜菜々子が出演。※日高麻鈴の「高」ははしご高が正式表記。

最終更新:8月24日(水)17時54分

音楽ナタリー