ここから本文です

北朝鮮、脱北を防ぐため中国に秘密調査団を派遣

WoW!Korea 8月24日(水)19時59分配信

 ことし4月に中国・浙江省寧波にある北朝鮮レストランの従業員13人が集団脱北した後、北朝鮮が中国に滞在する住民の脱北を防ぐため秘密調査団を派遣していたことがわかった。

 メディアによると、中国に派遣された北朝鮮の調査団は国家安全保衛部所属の「保衛部特別行動小組」として北朝鮮レストランの従業員による集団脱北発生後、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の指示により、北京と上海そして北朝鮮との国境付近である遼寧、丹東にそれぞれ3人ずつ派遣したことを北朝鮮の関係者が明らかにしたという。

 保衛部の要員は中国国内の北朝鮮公館職員や貿易業者を対象に負債の有無など脱北の動機があるか調査中であることを伝えた。

 メディアは「これとは別に中国滞在の北朝鮮住民の思想検証のため、朝鮮労働党宣伝先導部の調査団が派遣されている」とも報じた。

 これらは、中国滞在の北朝鮮住民が韓国ドラマなど海外の文化にどの程度影響されているのかなども共に調査している。

 他の北朝鮮消息筋によると、韓国人を抱き込んだり、脱北支援を受けたりするなどの反体制活動を阻止するため、貿易業者などを偽装した偵察総局の職員も潜伏させているという。

最終更新:8月24日(水)19時59分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。