ここから本文です

巨人・菅野7回5失点で降板、魔の六回に一挙4失点

デイリースポーツ 8月24日(水)20時22分配信

 「巨人-広島」(24日、東京ドーム)

 巨人・菅野智之投手(26)が先発し、7回5失点で降板した。3連勝しなければ自力優勝が消滅する、首位・広島との直接対決3連戦。2戦目を託されたエースだったが、広島打線を封じきれなかった。

 初回から気合に満ちあふれる投球で、四回までは二塁を踏ませなかった。だが2-0の五回2死、安部の5号ソロで1点を返されると、六回に崩れた。

 先頭の、投手・福井に右中間二塁打を許すと、田中に右越え適時二塁打を放たれ同点。菊池の犠打を挟み、なお1死三塁。続く丸に打ち返された打球は大きく跳ね、一塁手・阿部の頭上を越える勝ち越しの右前適時二塁打となった。その後も2本の適時打を許し、この回4失点。絶対に負けられない一戦で相手にビッグイニングを作らせてしまった。

最終更新:8月24日(水)20時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報