ここから本文です

侍ジャパンU―18代表の小枝監督「他国の模範となるように」

東スポWeb 8月24日(水)21時20分配信

「第11回 BFA U―18 アジア選手権」(30日~9月4日=台湾・台中)に出場する侍ジャパンU―18代表の結団式が24日、千葉市内で行われた。

 小枝守監督(65=前拓大紅陵)は「韓国、台湾、中国の順に日本への気迫が強い印象」と3か国を警戒。しかし「それぞれがしっかり練習してきてくれた。非常に力強い」と自信をのぞかせる。マナーを含めた野球に対する姿勢が日本の強みとし、「他国の模範となるように選手の手綱を取りたい」と勝敗以外でも頂点を目指すことを誓った。

 侍ジャパンの主将という大役を任された小池航貴内野手(木更津総合=3年)は「自分が代表に選ばれるとは思っていなかった。でも今はやってやろうという気持ち」と気合十分。主将としては「一人ひとりの意見を聞いた上で、自分の意見を言っていきたい」と対話型を目指すとした。

最終更新:8月24日(水)21時20分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]