ここから本文です

阪神・藤浪、通算18度目2桁奪三振 7回1失点、勝ち権利手に降板

デイリースポーツ 8月24日(水)21時22分配信

 「DeNA-阪神」(24日、横浜スタジアム)

 阪神先発の藤浪はDeNA打線を7回1失点に抑えて、8月5日・ヤクルト戦(神宮)以来となる今季6勝目の権利を手にしたまま、130球で降板した。

 打者28人に対して、計7安打を浴びたが、四回2死から梶谷に浴びた右越えソロによる1点で切り抜けた。計10奪三振の力投で7月29日・中日戦(甲子園)以来、今季4度目、通算18度目の2桁奪三振をマークした。

 一回は先頭打者の桑原に中前打を許したが、初めてバッテリーを組む坂本が二塁への好送球で一走・桑原の二盗を阻止。三回には1死から桑原に死球を与えたが2013年以来、藤浪自身2度目となるけん制刺でピンチ拡大を防いだ。

最終更新:8月24日(水)21時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。