ここから本文です

広島・福井、打球直撃にめげずM20に貢献 「もう投げられない」から奮起

デイリースポーツ 8月24日(水)21時24分配信

 「巨人3-7広島」(23日、東京ドーム)

 広島にリーグ優勝した91年以来25年ぶりとなるマジック20が点灯した。先発の福井優也投手は6回を2失点とゲームをつくり4勝目を挙げた。五回、巨人先発・菅野の打球が右膝に当たった際には「もう投げられないかな」と一度は覚悟しながらも先発の仕事をやり遂げた。

【写真】菅野の打球を右膝に受け、マウンドで悶絶する広島・福井

 前日はジョンソンを立てて黒星。引き分け以上でマジック点灯という重圧がかかった試合となったが、福井は「ゲームをつくることだけを考えて投げました」と自分の役割を果たすことだけを考えてマウンドに立った。

 四回には巨人・阿部に先制2ランを許し、「菅野君がすごい良かったので、ホームラン打たれた時に負けたかなと思ったんですけど…」と悪いイメージもよぎったが、味方打線がすぐに奮起。五回に安部が5号ソロを放つと、六回には自身の二塁打をきっかけにした集中打で一挙4得点。「よく点を取ってくれました」と打線に感謝した。

 その中でアクシデントもあった。五回に菅野の打球が右膝に当たり(結果は安打)、一度ベンチへ下がった。「もう投げられないかな」と降板も覚悟したが、ほどなく痛みも収まり「ベンチ下がってからは全然、大丈夫だったので投げました」と6回を投げ抜いた。

 25年ぶりのM20点灯については「僕たちは変わらずに一戦一戦勝っていくことだと思うので何も変わらないと思います」と、こちらについても淡々と語った。

最終更新:8月24日(水)21時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]